シネマ日記 デュエリスト2006/04/24 21:36:07

衝撃の映像美とは、ゲームの映像を映画化することだったのでしょうか?

確かに’きれいな映像’が次々と展開されるのですが、きれいなパーツを寄せ集めても、美しいものは生まれない。こだわりを持って、映像を造っているのは理解できるのですが、私の心に染み入ってきませんでした。

音楽の使い方も、そのシーンだけを見れば合っているのでしょうが、トランスあり、ジャズあり、タンゴあり、クラシックありの、ごった煮状態で、私には消化できませんでした。

そして、最後まで主人公たちの人間が見えてこなかったのが 残念でした。

お勧め度 ★ 私の満足度 ★

「恋する神父」では魅力満点のハ・ジウォンが、この作品では、活きていませんでした。

フリーパスポート鑑賞 7作目

公式HP デュエリスト