シネマ日記 サウンド・オブ・サンダー2006/03/26 15:52:47

サウンドオブサンダー

「進化は、人類など求めていない」 近未来もの好きの私は、 このコピーに惹かれ、公開初日に観てしまいました。

2055年、主人公は、タイムトラベル会社の研究員兼ツアコン。金持ちたちの恐竜ハンティングを仕切っている。しかし、時間旅行の過去を一切変えないというルールを、ツアーの客が破り、これまでの生物の進化が変更され、生態系の大異変が押し寄せる。人類滅亡の危機。

現在、お金持ちが宇宙旅行の予約をしています。宇宙旅行に失敗し、勝手に死ぬのは構わないのですが、この映画みたいに、無事帰還し、地球の生態系を破壊することをしないようにと祈ります。

お勧め度 ★  私の満足度 ★                    危機を救うのも主人公たちですが、危機を起こしたのも主人公たち。この点がひっかかり、ストーリーに共感できませんでした。救われない方が、現実感が増したのでは?

102マイル獲得合計5845 6000マイルまであと155

公式HP サンド・オブ・サンダー